宝くじ総合情報サイト!

くじの確認はしていますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロトにまつわるある事件が発生しました。

 

 

 

それは、ある高齢男性が、

宝くじ売り場に当選しているかを確認しに来た時の出来事でした。

 

 

 

なぜ高齢男性が売り場に来たのかというと、

ロト6を買ったので、その確認とのことでした。

 

 

 

売り場にいる窓口のおばさんに、

ロト6のくじを渡して確認を頼んだところ、おばさんが言うにはハズレていると。

 

 

 

ここが怪しいのですが、

「買ったくじはハズレていたから、私が捨てておく」 とおばさんが言ったので、

対応に釈然としなかったけれども、そのまま男性客は帰宅したそうです。

 

 

 

事件の発覚は男性客が新聞の当選ナンバー発表を見て、

売り場にておばさんに捨てておくと、言われて返却されなかったくじが、

実は当たりだったと分かったので、警察に相談となったからなのでした。

 

 

 

男性客は自分が買ったくじのナンバーを覚えていたのですね。

普通くじはハズレでも返却するので、確かにおかしいです。

 

 

 

熱心な人は、自分が買ったくじのナンバーをメモして、

総括をして次回の購入に役立てるのでしょうが、

私のような、思いつきで買うか、記録する気のない人は、

この手の事件にもしかしたら、遭う可能性も否定出来ないですね。

 

 

 

なので、普段と宝くじ売り場の人間の対応が違うなど、違和感を感じたら、

事件を疑った方がいいかもしれません。